誠一庵/土屋誠一

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


新たなアートへの挑戦!デニムブラストアート
It is denim blast art a challenge to new art

■デニムブラストアートとは?
細かな砂をコンプレッサーで圧縮された空気と共に吹き付け、ガラスなどを彫刻するサンドブラスト技法。その技法を、デニム生地に施し、オリジナルデザインで仕上げた作品を「デニムブラストアート」と名付けました。デニムの藍色と、表面を削った後の淡い白とのコントラストが模様を際立たせ、味わい深い作品を生み出します。
デニムのダメージ仕様にサンドブラストが使われているのは良く知られていますが、アート作品として手掛けているのは、まだ見る機会は少ないのではないかと思います。
平成15年に手掛け始め今に至っていますが、このアートが広く世間に認知されるように願っています。

■ With the denim blast art?
Sandblast technique I blow it with air compressed small sand with a compressor, and to engrave glass on. I made the technique on denim cloth and named the work which I finished by an original design "denim blast art". Contrast with light white after having sharpened indigo blue and the surface of the denim individualizes a design and brings about a tasteful work.
It is known that sandblast is used for damage specifications of the denim well, but thinks that there may be few it at an opportunity to still watch what I deal with as an art work.
I begin to deal in 2003 and reach it in now, but pray so that this art is recognized widely by the world.

新たなアイディアに、最高のデザインを。
とても身近なところにある素材をデザインすることが、
それがこれからのデニムブラストアートです。

The design which is the best in a new idea.
Designing the material in a very imminent place,
It is denim blast art in the future.

個性の時代と言われてどのくらい経つのだろう。
オリジナリティーが問われる。
さて、どこに個性を見出そうか?

I am said to be the times of the personality and will pass how long.
Originality is called into question.
By the way, where will you find personality?

作品ご希望の方、ご意見、ご質問等、
お気軽にお問合せ下さい。→ お問合せ

As for the work hope, the opinion, the question,
Please refer willingly. → Contact

作品を作りたい方、商品化したい方、体験工房等の指導をいたします。
その目的にあったブラスト機の設定から、技術指導まで出来ます。
お気軽にお問合せ下さい。→ お問合せ

I instruct the person who wants to make a work, the one that I want to commercialize, the experience-based studio.
I can do it from the setting of the blast machine that was like the eyes to technical guidance.
Please refer willingly. → Contact

作品展や作品の貸出しにも応じております。
まだ、知られていないこの作品をご利用下さい!→ お問合せ

I accept an exhibition and the rental of work.
Please use this work which is not yet known! → Contact









Facebookロゴ.jpg